およぐ、およぐ、泳ぐ

不安障害です。日々のことを書いていきます。

無のはなし

今朝、起きてすぐ、ずっと気になっているけれど先送りにしていたコードの勉強をした。

 

「全部わからないのは当たり前」と思って、必要なことだけ書き写して、あとは、もう試しにやってみるだけ、になったら、すっきりした。

 

3人で集まって、近所のファミレスにモーニングを食べに行った。朝、じめじめしていたけれども、空気すべてが金木犀の香りで、よかった。

 

明日必要なものだけ洗濯をした。ついでに、裾上げも直した。仕事しながら気になっていたから、すっきりした。

 

ピアノの配置を変えた。涼しくなってきたから、窓に向かって置いてみた。なかなか良かった。

 

昼間、ラジオトークでこまつとたくさん話した。岸田くんも参加してきて、聞いてくれるひともいて、楽しかった。

 

こまつと大好きなテレビドラマをみた。展開が読めるから安心して見ていられる。面白かった。

 

久しぶりにお湯をはって、湯船に浸かった。熱過ぎずぬる過ぎず、ちょうどよくできて、よかった。

 

豚汁を作った。ごはんと豚汁とひじきの煮物と納豆で晩ごはんを食べた。おいしかった。

 

 

なんでもない日というのは、こういう日のことを言うのだろうな、と思った。風が台所の出窓から入ってくる。もうじめじめはいないみたいだ。何をするわけではなく、何をしないわけではなく、適度にぼんやりと、輪郭が溶けていく。いまもテレビをだらだら流している。良い。今日は、とても良い、「無」の日。