およぐ、およぐ、泳ぐ

不安障害です。日々のことを書いていきます。

お気持ち察してお化けの住処

こころの中でお気持ち察してお化けが暴れることがある。

お気持ち察してお化けは、自分のことをとにかく肯定したい。

ちょっと時間が経って、ふと冷静になると、とんちきなことを思い詰めていたことがわかるのに、お気持ち察してお化けに乗っ取られているときは、そんな考えもつゆほど浮かばない。

 

わたしのこの感情は正しく、そう思わせるまわりの環境が悪いのだ、というように、際限なく怒りがこみあげてくる。

 

このお気持ち察してお化けをふくふくに太らせたらきっと、無辜の人々を大勢巻き込んで死ににゆく人のようなことになるんだろうとおもう。

自分の中にも、そんな悪意の種がある。あの人の悪意は、自分の悪意とつながっている。